自然素材


「自然素材」と言えば、なんだか特別なもののよう。
でも、長い歴史で見てみれば、プリント合板やビニールクロス...といった新建材こそが、ずっと不自然で特別なもののはず。

家づくりに生かせる自然の素材は、まだまだ身近に沢山あります。
それらを活用することは、特別なことでも、贅沢なことでもありません。

近くで育った山の木と、土や紙などの自然の素材をそのまま生かした家。
家族の温度を木肌に刻み、住む人と共に呼吸しながら深みと艶を増してゆく家。

薄っぺらでテカテカした人工素材にはない自然素材の良さ。
使うごとに「歴史を刻む」無垢なものたち。

私たちはただ、当り前のこととしてそんな素材を使いたいだけなんです。


日本の木材


「つよくて柔らかい」

いっけん相反するかのような性質をもつ木。
中でも針葉樹、日本では杉(すぎ)や桧(ひのき)がその性質を強くもっています。

「足ざわりがよく、暖かくて疲れない」
柔らかいゆえんの杉フローリングの特徴ですが、
一方で、梁や柱として家を支えることができるのもまた、杉なのです。

日本は温暖で湿潤な気候のため、植物は育ちやすく、緑豊かです。
そしてその森は、生き物の宝庫です。
生まれながらに虫達と共存してきた杉や桧は、彼らから身を守るすべをよく知っています。

杉や桧の心の方の赤い部分(心材)がシロアリに強いのはそのためです。

「シロアリや湿気に強い」
家を支えるためには、これもまた重要。
ただ重さに耐えられることだけが強さではありません。

はるばる海の向こうから運んできて、薬品を注入して...

そんな無理をしなくても、日本の家づくりに適した木材は、すぐそばに沢山あります。


私たちは日本の木、国産材を使った家作りをご提案しています。


今、日本の森には木が余っています。なのに外国産材を輸入し続けています。

これを『もったいない』と思うのは私たちだけ?


日本の塗り壁・左官壁


珪藻土(けいそうど)に漆喰(しっくい)、じゅらく壁...

日本ほどたくさんの塗り、左官(さかん)の技術や素材が豊富な国はないでしょう。


質の良い珪藻土を壁に塗れば、年中、湿度は最適に保たれます。

部屋が乾燥すると、住む人は風邪をひきやすくなる。湿気が多すぎると、結露やじめじめ...

そんな室内の水分を上手くコントロールし、人にとっていつでも快適な湿度に保ってくれるのが、木や土、珪藻土などの自然素材。

同じ家を造るなら、気持ちいいほうが良いに決まってる。

私たちが塗り壁をお勧めしている理由です。