地熱住宅仕上げ工事(大屋根のある地熱住宅 阪急宝塚山手台)

壁紙工事のために設置されていた足場が撤去され、徐々に完成に近づいてきました。

床を守るための養生シートが外されて杉の床材がいよいよ日の目を見るときが。

シートを取った瞬間から家全体に杉の甘いニオイが立ち込めるようになるんですよね。

キッチンなどの設備機器も設置され、生活感が出てきました。


 

この家、とにかく明るい。昼間は照明なしで十分生活できそう。吹き抜けもあるのでリビングの開放感はすごい。

リビング見返し。2階左側は寝室、右手は書斎スペース。書斎の天井に付いてる換気扇のようなものからエアコンの冷気が落ちてくる計算になってます。梁の上部にもスキマがあって、ここからも通気ができる仕組み。
寝室には1間幅の建具をつけてます。寝室からの眺めと吹き抜け壁の圧迫感を消すためのもの。

先ほどの寝室窓から南東方向をみる。見えている街路樹は桜。花見の季節には桜色に染まります。

今日は霞んでますが空気の澄んだ冬場はかなり先まで見えるはず・・・完成見学会でぜひご覧下さいね。

 


<完成見学会のおしらせ>

『大屋根のある地熱住宅』予約制完成見学会

ながらく工事をご紹介してきました『大屋根のある地熱住宅』がいよいよ完成します。 夏場の対策を色々盛り込んだ家となっています。お近くの方はぜひお越し下さいませ。

日付 : 2008年6月21日(土)
時間 : PM13:00~PM15:00

<見学会の詳細と予約方法等、詳しくはこちらから>

| コメント (0)    

コメント

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)