飛鳥 石舞台古墳

DSC_9636

先日、吉野にフローリングの打ち合わせに行った帰り、明日香村の石舞台古墳を見てきました。別に行こうと計画していたわけではなく、道すがら、ナビに『明日香村』と表示されて、明日香村といえば古墳だよね、ちょっと寄ろうかというわけでして・・・

現在、石舞台のある飛鳥歴史公園は桜のライトアップ中。ライトに照らされた夜桜はまたきれいです。夕暮れにも関わらずぼちぼち観光客の皆さんが来られていました。拝観料は250円。

 

 

地元のボランティアさんらしき方々が小さな灯篭に火を点してくれていてとても幻想的・・・カップルのデートスポットにお勧めです。私は池ちゃんと行って色気なしです(笑)

 

桜の咲き乱れる壕に囲まれた丘の上に突如現れる石舞台。スポットライトで照らされているので浮かんでいるように見える。おおきい・・・重機もない時代、こんな大きな石を運んだというのがすごいよね。

 

 

石舞台の下は玄室になっていて誰でも入れるようになっています。蘇我馬子の墓だったのでは、という説が有力なんだとか。ここは幻想的を通り越して怖い・・・子供は泣くと思う(笑)

 

  

玄室から振り返ると夜桜が切り取られてきれい。夙川ではかなり散っていたけれど、こちらは今まさに満開。暖かくなってまた寒くなったりという気候のせいか、この桜のライトアップも期間を延長しているそうだ。

 

今回お気に入りの一枚。夕暮れの空の微妙な色合いがきれいに撮れました。手持ち撮影の割には頑張りました・・・

石舞台古墳、今がちょうど一番の見頃なのかもしれません。いい時にこれてよかった。今度は三脚持ってこよう・・・

 

今週末は、ホームページからお問い合わせ頂いたお客さんの現場を見に神戸元町まで行ってきます。エコに関心のあるご夫婦と二人の男の子の住まいです。

ご主人はカメラが趣味だそうで屋久島とかまで一人で機材抱えて撮影に行かれていたとか・・・今後とも色々教えていただきこう!と勝手に思っています(笑)

| コメント (0)    

コメント

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)